faculty

言語聴覚学科(学士入学・2年制・男女・定員40名)

大学を卒業される方、社会人の方、言語聴覚士への道を歩んでみませんか?新たな道を選択し、人生の転換を試みるチャンスです!

本学科は大学卒業の方で(卒業見込みの方を含む)、分野を問わずさまざまな学部出身の方、さらには社会人経験のある方々が対象です。患者さんとのコミュニケーションの中で、皆さんが今まで学び経験してきたことが必ず役に立ちます。

Speech-Language-Hearing Therapist

言語聴覚士の仕事

コミュニケーション能力の重視
写真

聞いたり話したりといったコミュニケーションに困難がある方々の気持ちを汲みとるため、専門的なコミュニケーション技術や、相手の気持ちを推し量る「想像力」を養います。

臨床現場の言語聴覚士から学ぶ
写真

医療・福祉の第一線で活躍する言語聴覚士の先生方から、直接、患者さんの障がいに応じた評価・訓練の方法や社会復帰・在宅生活の支援方法など、現場で必要とされる技術や心構えを学びます。

ディスカッション中心の授業
写真

教育理念「共に学び、共に考える教育」の1つの形として、ディスカッションやグループ発表などを授業に多く取り入れています。論理的思考や、伝達力を磨くことができます。

こどもの育ちをサポートする
写真

ことばがなかなか出てこない、周りの子との関わりがうまくとれない…コミュニケーションの困難を抱え、支援を必要としているこども達の育ちを将来に渡ってサポートしていけるスペシャリストを養成します。

PAGE TOP

2年間の学びの流れ(カリキュラム紹介 ※一部抜粋)

2年間の学びの流れ

カリキュラム
  • ・解剖学
  • ・生理学
  • ・内科学
  • ・小児科学
  • ・精神医学
  • ・耳鼻咽喉科学
  • ・臨床神経学
  • ・形成外科学
  • ・臨床歯科医学総論
  • ・呼吸・発声・
  •  発語系の基礎
  • ・神経系の基礎
  • ・聴覚系の基礎
  • ・学習・認知心理学
  • ・生涯発達心理学
  • ・言語学概論
  • ・音声学概論
  • ・言語発達学Ⅰ・Ⅱ
  • ・社会福祉学総論
  • ・リハビリテーション概論
  • ・言語聴覚障害学概論
  • ・失語症学Ⅰ・Ⅱ
  • ・高次脳機能障害学Ⅰ
  • ・言語発達障害学Ⅰ・Ⅱ
  • ・構音障害学Ⅰ・Ⅱ
  • ・嚥下障害学
  • ・聴覚障害学Ⅰ・Ⅱ
カリキュラム
  • ・医学総論
  • ・病理学
  • ・リハビリテーション医学
  • ・口腔外科学
  • ・臨床心理学
  • ・心理測定方法学
  • ・音響学
  • ・聴覚心理学
  • ・関係法規論
  • ・メディカル
  •  コミュニケーション論
  • ・言語聴覚障害診断学
  • ・失語症学実習
  • ・高次脳機能障害学Ⅱ
  • ・言語発達障害学実習
  • ・音声障害学
  • ・構音障害学実習
  • ・吃音学
  • ・嚥下障害学実習
  • ・聴力検査実習
  • ・補聴器論
  • ・人工内耳論
  • ・臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ・総合演習Ⅰ・Ⅱ
PAGE TOP

目指す資格

・ 言語聴覚士(国家資格)

将来の活躍の場

・病院、医院(リハビリテーション科、神経内科、脳神経外科、小児科、耳鼻咽喉科、形成外科、口腔外科)
・リハビリテーションセンター ・小児医療センター ・療育センター ・心身障害者(児)施設
・福祉センター ・介護老人保健施設 ・デイサービスセンター ・保健福祉事務所 ・児童相談所
・医療福祉関連企業 ・教育、研究機関 など

PAGE TOP

Teacher

木村 大輔
ことばの大切さを知っているあなたに、
言語聴覚士への道は開かれています。
言語聴覚学科 教員 木村 大輔

高齢化社会の中、加齢や脳血管疾患などにより、話すことや耳の聞こえ、嚥下(飲み込み)に困難を抱える老人の方々が増えています。
会話や食事は、日常生活の基本であるだけでなく、人と人とのつながりを守り深めるための大切な行為。言語聴覚士は、ことばや食べることに障がいを持った方々が、その力を取り戻し、より良い生活を送ることができるよう、専門的な訓練・指導・援助を行います。
また高齢者の方ばかりでなく、発達途上のお子さんのことばや聞こえの問題への対応も行います。
言語聴覚士はやりがいのある仕事です。その一方、言語聴覚士として患者様やお子さんに向き合うことには、その人の人生に関わる、という意味で大きな責任が伴います。切実な思いを抱える方々に寄り添うだけでなく、最善の訓練・指導・援助を行うことができなければ専門職とは言えません。本校での講義や臨床実習で心と技術を磨き、責任感と気概を持った言語聴覚士として世の中に羽ばたいてほしいと思います。

PAGE TOP

2年制の言語聴覚士養成校

入学資格が大学卒業者(卒業見込者)である2年制の養成校は、北関東では本校のみです。
どのような学部の出身の方でも、大学卒業後の2年の学習で、医療・保健・福祉・教育の分野で専門性の高い業務に従事できる言語聴覚士国家試験の受験資格を取得することができます。
大学4年間のそれぞれの知識や社会経験等を礎とした臨床教育で、高いモチベーションを持ち、幅広い患者ニーズに対応できる人材を育成したいと考えております。

2年制の養成校で学ぶメリットは?
2年制養成校には様々なバックグラウンドを持った学生が集まるため、お互いに刺激し合いながら勉学に取り組める良い学習環境があります。
2年という短期間での学習にはなりますが、その分目標を見失わずに勉学に邁進できるともいえます。
また、学費の負担が少なく、他の養成課程よりも早く言語聴覚士として医療や福祉、教育の現場に出ることができます。

PAGE TOP

施設紹介

言語聴覚学科専用の施設・設備も充実しています。基礎実習室、教材作成室、検査室、訓練室、観察室があります。検査室内には、防音の聴力検査室が2部屋あり、ゆとりある空間で聴力検査ができます。

検査室
検査室
防音の聴力検査室(2部屋)のほか、各種聴力検査機器、音響分析装置などがあります。
訓練室
訓練室
成人用の個室と小児用のプレイルームがあります。ともにマジックミラーのある観察室から見学することが可能です。
PAGE TOP

入試情報

募集要項及び出願書類は、インターネット及び電話等で入学試験事務局まで、ご請求ください。
なお、個別学園見学等は随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
資料請求フォームはこちら

募集要項

募集定員
学校学科入学定員修業年限
前橋医療福祉専門学校 言語聴覚学科 男女  40名 昼間  2年制(学士入学)

PAGE TOP
出願資格
入学試験区分出願資格
自己推薦 下記の条件のいずれかを満たし、かつ、本学への入学を第一志望とし、合格した場合に入学が確約できる方。
  1. 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方。
  2. 大学を卒業した方と同等以上の学力があると認められる方、及び平成30年3月31日までにこれに該当する見込みのある方。
一般 下記の条件のいずれかを満たす方。
  1. 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方。
  2. 大学を卒業した方と同等以上の学力があると認められる方、及び平成30年3月31日までにこれに該当する見込みのある方。

PAGE TOP
選抜方法
学科入学試験区分
自己推薦一般
言語聴覚学科 出願書類
面接試験
出願書類
面接試験
小論文試験
  • 小論文試験は50分間、800字程度で実施いたします。テーマは当日発表いたします。

PAGE TOP
入学検定料
学科入学検定料
言語聴覚学科 30,000円
  • 一度納入された入学検定料は返還できませんのでご了承ください。

PAGE TOP

入学試験日程2018年度生

入学試験区分入学試験日出願期間試験会場
第1回 10月 自己推薦
一般
10月18日(水) 10月1日(日)〜10月10日(火) 前橋医療福祉専門学校
第2回 11月 自己推薦
一般
11月19日(日) 10月11日(水)〜11月13日(月)
第3回 12月 自己推薦
一般
12月17日(日) 11月14日(火)〜12月11日(月)
第4回 1月 自己推薦
一般
1月21日(日) 12月12日(火)〜1月15日(月)
第5回 2月 自己推薦
一般
2月18日(日) 1月16日(火)〜2月12日(月)
第6回 3月 自己推薦
一般
3月10日(土) 2月13日(火)〜3月5日(月)
第7回 3月 自己推薦
一般
3月23日(金) 3月6日(火)〜3月15日(木)
  • 定員になり次第、入学試験を終了することがあります。

PAGE TOP

学費について

入学金
(初年度のみ)
授業料
実習費
教育充実費
合計
入学時(前期) 300,000円 400,000円 75,000円 100,000円 875,000円
(後期) - 400,000円 75,000円 100,000円 575,000円
  • 2年次の学費は入学金を除いた金額となります。
  • 学費のほか、教科書、実習着等の費用が必要となります。
    平成29年度の1年次は、概ね9.8万円程度でした。
    臨床実習費、健康診断、材料費等の自己負担はありません。

PAGE TOP

奨学金制度

日本学生支援機構
名称対象学年貸与期間貸与月額返還
第一種奨学金(無利子) 全学年 4月から
卒業予定期まで
自宅外通学
30,000円
60,000円
(選択)
貸与終了後、月賦、月賦と半年賦との併用を選択し、7ヶ月後から返還開始
●返還期間9年〜20年
自宅通学
30,000円
53,000円
(選択)
第二種奨学金(有利子) 希望する月
(4月から9月の間)
から
卒業予定期まで
30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円

5種から選択
  • 入学時特別増額貸与奨学金(有利子貸与)
    1年次において、貸与条件を満たしている方に対し、希望により貸与月額の初回振込時に10万円、20万円、30万円、40万円、50万円(選択)を上乗せして貸与する制度です。(別途、申込み基準があります。)
  • 奨学金制度の詳細については、入学後4月に奨学金説明会を実施いたします。

PAGE TOP

教育ローン制度

(1)国の教育ローン
名称利率融資額返済期間
国の教育ローン(日本政策金融公庫) 年1.81%
(母子家庭・父子家庭は1.41%)
350万円以内 15年以内
(交通遺児家庭・母子家庭・父子家庭・世帯年収200万(世帯所帯122万円)以下の方は18年以内)
  • 日本学生支援機構の奨学金と併用して利用することができます。

(2)セディナ提携学費ローン 詳しくはこちら

  • 入学金、授業料、教材費、研修費など、学校への納付金を簡単な手続きにてご利用いただける、
    クレジットによる分割支払制度です。

(3)ジャックス提携教育ローン 詳しくはこちら

  • 入学金、授業料、教材費、研修費など、学校への納付金を簡単な手続きにてご利用いただける、
    クレジットによる分割支払制度です。

(4)群馬銀行 提携教育ローン 詳しくはこちら

  • 入学金、授業料、仕送り、入学時の引越費用など、提携教育ローンが利用いただけます。

(5)その他 銀行等教育ローン