faculty

作業療法学科(3年制・男女)

身体を動かす喜びを感じることが心の癒しにつながる。

授業ではスポーツやゲームなど「身体を動かす」要素や、音楽など「遊び」の要素を多く取り入れ、学生たちも楽しく学べるように工夫されています。大切なのは好奇心を育てて、いろいろなことに興味をもつこと。それを治療の手段に取り入れることで、一人ひとりの患者様に楽しみながら治療を進めていただくことができ「心の癒し」にもつながります。

Occupational Therapist
メンタルトレーニングを通して成長
写真

人と上手に接するために大切なのはまずは自分を知ることです。一般的な心理テストを楽しく行い、自分自身の長所・短所などに改めて気づくことを通して、メンタルトレーニングを行います。

コミュニケーションを楽しく学ぶ
写真

人前で緊張してしまう、思っていることをうまく伝えられないなど、人と上手に関わることが苦手な人に対しても、レクリエーション活動を通して、楽しみながら自然にコミュニケーションがとれるように学びます。

フィジカルトレーニングの充実
写真

ゲームや簡単なスポーツなどを取り入れ、実際に身体を動かす授業がたくさんあります。その結果を動作分析装置などで数値化して分析するとともに、基本的運動能力を向上させながら、体力訓練の方法を学びます。

最新の身体治療技術を修得
写真

医療技術は刻々と進化しているため、最新の治療技術を身につけ対象者に適切な治療を提供する必要があります。そこで、最新の神経生理学的アプローチを導入し、身体障害に対する治療訓練授業時間を多く取り入れ、即戦力を身につけます。

3年間の学びの流れ(カリキュラム紹介 ※一部抜粋)

1st:基礎科目/専門基礎科目 →

「遊び」を通して、身体の動き、骨や筋肉の名前などを学びます。心理学を始めとした一般教養も身につけます。

カリキュラム
  • ・医療と倫理
  • ・公衆衛生学
  • ・現代社会としくみ
  • ・健康とスポーツ
  • ・国際理解とボランティア
  • ・情報科学
  • ・解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • ・生理学Ⅰ
  • ・運動学Ⅰ
  • ・人間発達学
  • ・臨床医学
  • ・内科学
  • ・リハビリテーション入門
  • ・リハビリテーション概論
  • ・作業療法概論
  • ・基礎作業学
  • ・作業療法評価法Ⅰ
  • ・基礎評価法実習
  • ・作業療法評価法実習Ⅰ
  • ・身体機能作業治療学Ⅰ
  • ・精神機能作業治療学
  • ・生活環境論
  • ・作業療法技術論Ⅰ
  • ・臨床実習Ⅰ
  • ・作業療法セミナーⅠ
2nd:基礎科目/専門基礎科目 →

内科、神経内科など、医学的な科目が多くなります。また、実習もスタートし、実際の現場を体験します。

カリキュラム
  • ・生理学Ⅱ
  • ・運動学Ⅱ
  • ・臨床心理学
  • ・整形外科学
  • ・神経内科学
  • ・精神医学
  • ・小児科学
  • ・保健医療福祉概論
  • ・基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ
  • ・集団作業療法実習
  • ・作業療法評価法Ⅱ
  • ・作業療法評価法実習Ⅱ
  • ・身体機能作業治療学Ⅱ
  • ・発達・老年期作業治療学
  • ・身体機能作業治療学実習
  • ・日常生活活動
  • ・義肢装具学
  • ・作業療法技術論Ⅱ
  • ・作業療法技術実習Ⅰ
  • ・地域作業療法概論Ⅰ
  • ・臨床実習Ⅱ
  • ・作業療法セミナーⅡ
3rd:専門科目/資格試験対策講座

実際に検査を経験しながら、患者様が抱える問題点を考えていきます。応用力を身につける授業が増えます。

カリキュラム
  • ・キャリアデザイン
  • ・内部機能作業治療学
  • ・精神機能作業治療学実習
  • ・作業療法技術実習Ⅱ
  • ・地域作業療法概論Ⅱ
  • ・訪問作業療法
  • ・臨床実習Ⅲ
  • ・作業療法セミナーⅢ
  • ・作業療法業務管理
  • ・作業療法研究法

目指す資格

  • ・作業療法士(国家資格)
  • ・福祉住環境コーディネーター(2級)
  • ・障がい者スポーツ指導員(初級) ほか

将来の活躍の場

  • ・病院
  • ・リハビリセンター
  • ・老人福祉施設
  • ・通所リハビリ
  • ・訪問リハビリ
  • ・障がい児関連施設
  • ・障がい者福祉施設
  • ・福祉関連相談所
  • ・保健所 など