faculty

医療秘書学科(2年制・男女)

医療現場の最前線で医師や看護師を支えるスペシャリストを目指す。

メディカルクラーク(医療秘書)や、医師の行う事務をサポートするドクタークラーク、病棟クラーク、病院の良質なサービスを担うメディカルコンシェルジュなどを育成。医療事務業務に必要な知識・技術に加えて、患者様の心理を考えた応対方法などを修得します。また、診断書などの文書作成や電子カルテの入力方法を学ぶだけではなく、関連する法律や医学・薬学の知識、さらにホスピタリティマインドも身につけていきます。

Medical Clerk

メディカルクラーク(医療秘書)コース

医療事務業務の基礎を身につけた後に、さらに複雑な診療報酬明細書を作成するなど、医療事務の能力を深めていきます。また、患者様の心理や医療事務に特化したマナーも学習。さまざまな人々と接する医療の現場で応用できるコミュニケーション能力を高めます。

ドクタークラーク・病棟クラークコース

医師の秘書業務や病院の事務サポートについて学ぶことに加え、医師のサポートとして電子カルテの代行入力や診断書作成を行うため、病気と薬の関連性などの知識も修得していきます。病気全般の知識を身につけるなど、医学の勉強も必要となります。

ドクタークラーク・病棟クラークコース

患者様に最適な医療機関選びのアドバイスを行うとともに、病院内の速やかなご案内によって効率的な受診を実現します。医療知識とホスピタリティーの精神を身につけることで、患者様の不安や不満を取り除き、安心・満足のサービスを提供することができます。

現場に直結したカリキュラム
写真

ドクタークラークの業務の中心となるカルテ入力や診断書などの医療文書の作成方法について、「演習しながら覚える」実技中心の授業を展開。病院やクリニックでの実習を通して、授業で身につけた知識や技術を学びます。

チーム医療のパイプ役を目指す
写真

チーム医療において、医療秘書は、各専門職をつなぐパイプ役。コミュニケーション能力を養う実践的な授業を取り入れ、現場で必要な、どんな状況でも冷静に対応できる力を身につけます。

看護師による演習授業
写真

医師や看護師をサポートできるように、基礎的な看護の知識や技術を学ぶ演習を多く設けています。採血、注射の準備をはじめ、入院受付や診療録のセットなど、ロールプレイングを通して実践的に学びます。

「医療」プラス「心理」を学ぶ
写真

医療とコミュニケーション、さらに心理を学ぶ独自のカリキュラムです。患者様の心をケアするための心理学、カウンセリングや臨床心理学の授業を展開。医療と心理を学ぶことで、医療の現場で求められる人間力を高めます。

2年間の学びの流れ(カリキュラム紹介 ※一部抜粋)

1st:基礎科目/専門基礎科目 →

どこでも通じるマナーや接遇をしっかりと身につけます。さらに、医療事務の基礎を学んでいきます。

カリキュラム
  • ・英会話
  • ・心理学
  • ・カウンセリング
  • ・チーム医療
  • ・医学一般
  • ・薬学概論
  • ・検査概論
  • ・メンタルヘルス
  • ・医療システム概論Ⅰ
  • ・診療録概論
  • ・電子カルテⅠ
  • ・ドクタークラーク論Ⅰ
  • ・ドクタークラーク演習ⅠA・ⅠB
  • ・基礎看護
  • ・メディカルコンシェルジュⅠ・Ⅱ
  • ・秘書概論
  • ・秘書演習
  • ・サービス接遇概論
  • ・医療秘書概論
  • ・医療秘書演習Ⅰ
  • ・メディカルクラーク論
  • ・医療事務医科ⅠA・ⅠB
  • ・医療事務コンピュータⅠA・ⅠB
  • ・病院実習Ⅰ
  • ・実習指導Ⅰ
  • ・キャリアデザインⅠ
2nd:専門科目/資格試験対策講座

専門的な知識やスキルを学びます。さらに、病院やクリニック、薬局などでの施設実習も実施します。

カリキュラム
  • ・医療システム概論Ⅱ
  • ・電子カルテⅡ
  • ・ドクタークラーク論Ⅱ
  • ・ドクタークラーク演習Ⅱ
  • ・成人看護
  • ・小児母子老年看護
  • ・メディカルコミュニケーション論
  • ・メディカルコンシェルジュⅢ
  • ・医療秘書演習Ⅱ
  • ・メディカルクラーク演習
  • ・医療事務医科Ⅱ
  • ・医療事務コンピュータⅡ
  • ・医療事務総括点検
  • ・医療事務歯科
  • ・医療事務調剤
  • ・病院実習Ⅱ
  • ・病院実習Ⅲ
  • ・実習指導Ⅱ
  • ・キャリアデザインⅡ

目指す資格

  • ・診療報酬請求事務能力認定試験
    メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験2級)
    ドクターズクラーク検定(医師事務作業補助技能認定試験)
  • ・医療秘書技能検定
  • ・秘書技能検定
  • ・サービス接遇検定
  • ・秘書実務士
  • ・専門士 ほか

将来の活躍の場

  • ・大学病院
  • ・公立病院をはじめとする病院
  • ・クリニック
  • ・歯科医院
  • ・調剤薬局
  • ・老人保健施設 など